人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

工事 水道 生活/暮らし

火災保険と雨漏りとの関係

投稿日:2020年12月31日 更新日:

自宅が雨漏りしてしまった場合、屋根や外壁の修理が必要になります。屋根や外壁にヒビや割れがあると、そこから雨水が浸入してしまい雨漏りを引き起こしてしまいます。ほとんどの場合、雨漏りというのは、家の経年劣化によって起こる症状ですから、火災保険の対象にはなりませんが、飛来物があたって屋根や外壁に傷がついたり、突風によって瓦が剥がれ落ちたことで雨水が浸入してしまったような場合には、火災保険の対象となり保険金を受け取ることができます。ただ、保険の申請には、被害箇所の写真や見積書などの提出が不可欠となりますから、申請する際には十分準備して行うことが大切です。

火災保険が補償される雨漏りには、風災、雪災、雹災、外部からの飛来物などがあります。よく、台風やゲリラ豪雨などの激しい雨によって起こった災害も、火災保険の適用となると思っている人もいますが、雨による被害は補償の対象外となってしまいますから、注意が必要です。そのほかにも、継ぎ目のコーキングが不十分であったり、防水シートが破けている、材料が適切ではなど業者の施工不良が原因の場合も、火災保険で補償することはできません。こういった場合には、施工業者に対して賠償請求を行う必要があります。

また、地震が原因で外壁にヒビが入ったり、屋根瓦がずれた場合も、地震保険の対象となってしまいますから、地震が多発するような土地に住んでいる場合には、地震保険の加入を検討した方がよいでしょう。

-工事, 水道, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

修理費用の見積もりから雨漏り数理業者を選ぶ

雨漏りで困っているものの、修理にどのくらいの費用がかかるのか不安という方も多くいるかもしれません。

水道水の現実と浄水器が人気の理由

しばらく水道を使っていないと、水がサビ臭くなることがあります。

雨漏りで火災保険を利用する時に注意したい事

雨漏りは、家の屋根や外壁の劣化のみではなく、急な台風や大雨などの自然災害によっても起こることがあります。

雨漏りは家にどんなダメージを与え得るのか

屋根材の劣化や屋根塗装の劣化、また外壁の劣化やその塗装の剥がれなどを原因として引き起こされるのが雨漏りです。

雨漏り被害の修理に火災保険を適用させる流れ

雨漏りで発生した被害に対しては、条件を満たしていれば火災保険の補助を受けることができる場合があります。