人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

つまり トイレ 生活/暮らし

雨漏りは場合によっては火災保険が使えます

投稿日:2020年12月31日 更新日:

家の中でも重要なのが屋根です。屋根が破損すれば雨が降ると雨漏りが発生します。雨漏りが発生すると屋内での生活がままならないだけでなく、家そのものへダメージを与えて家の寿命を短くしてしまう場合があります。このため雨漏りを発見すればいち早く修理する必要があります。

しかし、修理をするといっても多額のお金が必要で、簡単な補修であっても2万円程度は必要ですし部材を交換するともなると10万円以上の出費が必要です。本格的な修理となれば50万円程度は見ておく必要があります。このため、先手を打って修理をするということに躊躇する人は多くいます。一方でもし火災保険を掛けている場合には、火災保険を利用することで修理費用を捻出することができます。

火災保険といえば火災被害に遭ったさいに補償されるといったイメージがありますが、実際のところは家に大きなダメージが出た場合も保険金が下りる場合があります。この場合には災害によって発生した損害に対して補償されるもので台風や突風などで屋根が破損した場合や雪などの重みで壊れてしまったりした場合には保険の適用となります。ただ現実として保険金を請求するのが面倒であったり、また保険会社によって下りる基準が異なるといったことがあり、小規模な修理では保険は対象とはならず20万円以上の費用が掛かった場合にのみ適用されるのがほとんどですから、保険金請求をしないのが一般的です。しかし、もし大きな災害で雨漏りが発生するようになった場合には、火災保険の保険金請求をしてみれば修理の負担を軽減することができます。

トイレつまりの漏れのことならこちら

-つまり, トイレ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風災が原因の雨漏りは火災保険が適用

火災保険では、火災だけではなく落雷や風災、水災などの自然災害などが原因の被害も、保険の対象となっています。

火災保険で屋根の雨漏り修理

屋根の雨漏り修理を、火災保険の保険金を利用して行うケースが増えています。

火災保険と雨漏りとの関係

自宅が雨漏りしてしまった場合、屋根や外壁の修理が必要になります。

火災保険を利用して雨漏りを修理するには

火災保険では、火災だけではなく、落雷や風災、雪災などによる被害も補償されます。

雨漏りで火災保険を利用する時に注意したい事

雨漏りは、家の屋根や外壁の劣化のみではなく、急な台風や大雨などの自然災害によっても起こることがあります。