人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

修理 水漏れ 生活/暮らし

雨漏りを火災保険で直せるという詐欺

投稿日:2020年12月31日 更新日:

住宅に何かトラブルがあったときに補償してもらえるのが火災保険です。名前からすると火災の時だけ適用されると思っている方もいるかもしれませんが、火災だけでなく洪水などの水害であったり台風などの強風で屋根が壊れたり窓が割れてしまった場合や雨漏りなどといった災害での被害に対しても補償してもらえます。火災保険と一緒に家財保険にも加入しておけば、例えば雨漏りなどによって家電や家具が壊れてしまったりといった時に買い替えるお金を出してもらうこともあるのです。ただし注意しておかなければならないのは、地震が原因で起きた火災や水害などに対しては火災保険では補償されないということです。

こういった場合には地震保険での補償になるのでもしもの時に備えて一緒に加入しておくと安心といえます。このように火災保険は住宅のトラブルに対して幅広く補償してくれるものですが、それを利用した詐欺もあるので注意しましょう。例えば、屋根が傷んでいるのでこのままでは雨漏りがするかもしれませんなどといってやってくるリフォームの訪問販売には要注意です。屋根の修理の費用も火災保険を使えば無料で治すことができるなどといって高額の契約をとろうとする詐欺まがいのリフォーム業者もいるので注意しましょう。

もしも雨漏り対策などの工事をするのであれば、まずは保険会社に連絡をして補償してもらえるのかどうかを確認し、結果がはっきりしてから工事の契約をすると安全です。

-修理, 水漏れ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火災保険で屋根の雨漏り修理

屋根の雨漏り修理を、火災保険の保険金を利用して行うケースが増えています。

雨漏りで火災保険を利用する時に注意したい事

雨漏りは、家の屋根や外壁の劣化のみではなく、急な台風や大雨などの自然災害によっても起こることがあります。

火災保険でも雨漏りは補償されます

突然の雨漏りはびっくりすると同時に、生活に支障をきたす厄介な問題です。

風災が原因の雨漏りは火災保険が適用

火災保険では、火災だけではなく落雷や風災、水災などの自然災害などが原因の被害も、保険の対象となっています。

雨漏り被害の修理に火災保険を適用させる流れ

雨漏りで発生した被害に対しては、条件を満たしていれば火災保険の補助を受けることができる場合があります。