人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

つまり 水漏れ 生活/暮らし

火災保険でも雨漏りは補償されます

投稿日:2021年1月3日 更新日:

突然の雨漏りはびっくりすると同時に、生活に支障をきたす厄介な問題です。出来るだけ早く修理したいですが、急な出費で家計も苦しいという事も大きな課題です。そういう場合に備えて火災保険に加入しておくことをおすすめします。火災保険で雨漏り修理費用が出るのか、と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。

火災保険のメインは、火事による家屋の焼失です。しかし、ほとんどの火災保険には、風災という補償内容が設定されています。風災とは、台風や竜巻、暴風などの強い風によって引き起こされる災害の事です。また、豪雪、雪崩など雪国特有の現象もこの風災に含めている場合もあります。

風災は、保険会社によりますが、ほとんどが基本設定となっています。この風災が雨漏り修理補償をしてくれる場合があるのです。具体的な事例としては、台風が過ぎた後に屋根を点検してみると、瓦が飛んでいた、というような場合です。この場合、台風の被害で飛んだ瓦の部分の修理代は補償してもらえます。

さらに、瓦が飛んだ部分から雨が浸水して屋内に被害が出たと認定されれば、その屋内被害に対しても補償されます。ただし、この火災保険の補償を受けるには、被害発生からなるべく早く通知する必要があります。たとえ瓦が飛ぶ被害が出ていても、そのままの状態で放置していると直接的に台風による被害だったと認定されないケースも出てきます。自動車事故を起こしたらすぐに連絡するのと一緒の感覚で家についても対処すればいいのです。

水漏れつまりのことならこちら

-つまり, 水漏れ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火災保険で屋根の雨漏り修理

屋根の雨漏り修理を、火災保険の保険金を利用して行うケースが増えています。

火災保険と雨漏りとの関係

自宅が雨漏りしてしまった場合、屋根や外壁の修理が必要になります。

雨漏りを火災保険で直せるという詐欺

住宅に何かトラブルがあったときに補償してもらえるのが火災保険です。

雨漏り被害の修理に火災保険を適用させる流れ

雨漏りで発生した被害に対しては、条件を満たしていれば火災保険の補助を受けることができる場合があります。

火災保険を利用して雨漏りを修理するには

火災保険では、火災だけではなく、落雷や風災、雪災などによる被害も補償されます。