人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

トラブル 浴槽つまり 生活/暮らし

雨漏りで火災保険を利用する時に注意したい事

投稿日:2021年1月6日 更新日:

雨漏りは、家の屋根や外壁の劣化のみではなく、急な台風や大雨などの自然災害によっても起こることがあります。そのままにしておくと、どんどん家の土台を傷めてしまうため、急いで修理をすることになるのですが、実は雨漏りの修理で火災保険が使えることがあります。火災保険というと火事の時の損害のみに適用されるというイメージがありますが、雨などの自然災害による雨漏りも、火災保険の対象となっています。もちろん基準はありますので、申請してもすべてのケースに対して使えるわけではありません。

また、屋根や外壁など家の自然劣化による場合に対しては、適用されません。ただし、例えば台風による強風で屋根が破損した結果の雨漏りであれば、補償の対象となるケースが多いのです。しかし、雨漏りで火災保険を使いたいと申請するのに注意したいことは、前にのべたように必ずしも補償の対象となるわけではないといった点や、一軒家とマンションなどの集合住宅では、「原因調査費用」の負担が異なるといった点があげられます。明らかに原因が特定できていない場合は、まず調査をしてその原因をつきとめないと保険の申請はできませんが、その調査費用は、マンションの場合、共用部分の保険に原因調査費用が付帯していることが多いため、問題はありませんが、一見家の場合は、自費でそれらの調査を行わなければいけないことが多くなります。

契約する保険会社や、保険商品によって、これらの補償がどの部分まで行われるのかは異なっていますので、加入する前に、必ず条件を確認するようにしておきましょう。

-トラブル, 浴槽つまり, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

火災保険と雨漏りとの関係

自宅が雨漏りしてしまった場合、屋根や外壁の修理が必要になります。

風災が原因の雨漏りは火災保険が適用

火災保険では、火災だけではなく落雷や風災、水災などの自然災害などが原因の被害も、保険の対象となっています。

火災保険で屋根の雨漏り修理

屋根の雨漏り修理を、火災保険の保険金を利用して行うケースが増えています。

雨漏り被害の修理に火災保険を適用させる流れ

雨漏りで発生した被害に対しては、条件を満たしていれば火災保険の補助を受けることができる場合があります。

雨漏りは場合によっては火災保険が使えます

家の中でも重要なのが屋根です。