人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

水のトラブル 水漏れ 生活/暮らし

水のトラブルの対応方法

投稿日:2021年6月18日 更新日:

皆さんは生活を送る中で、水のトラブルに直面したことはありますか。例を挙げると蛇口やハンドルから、自然とポタポタ漏れてきたり、排水口から水が溢れてしまったりすることなどです。もしトラブルが発生した時に発生後の対応が大変です。ここでしっかり未然に防げるように、対処方法を知っておくことが重要です。

前述したケースに沿っていくと、蛇口やハンドルからの漏れは水道管同士の間に貼ってあるパッキンと呼ばれるものを交換することで、対応できます。それでも止まらない場合はほかに問題があるので電話をして、プロにお願いしましょう。他方の排水溝から水が溢れている場合は、風呂場であれば髪の毛や、皮脂が詰まってしまうことで発生していると考えられます。このケースは定期的に排水口の掃除をするようにすることで防げます。

しかし水のトラブルが発生することで、どうしようもない場合があります。北海道や東北などの北方面にお住まいの方は、毎年気を付けていらっしゃると思いますが、冬季のかなりの低温によって水道管内の水が凍ってしまい、水道管が破裂してしまうことがあります。原因は水は固体化、すなわち氷になってしまうと体積が1.1倍になってしまいます。そこで、大きくなり破裂してしまうわけです。

この場合は、発生した時に迅速にご利用いただいている水道会社に連絡をし、対応をしてもらいましょう。もちろん未然に防ぐ簡単な方法も存在します。それは使うとき以外は元栓を閉めることです。このように水のトラブルは大抵のものは、防ぐことができます。

-水のトラブル, 水漏れ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浄水器の比較では種類の違いを知る

日本では安全に水道水が飲めます。

雨漏りで火災保険を利用する時に注意したい事

雨漏りは、家の屋根や外壁の劣化のみではなく、急な台風や大雨などの自然災害によっても起こることがあります。

水道水の現実と浄水器が人気の理由

しばらく水道を使っていないと、水がサビ臭くなることがあります。

効率的に水漏れ修理をするには

蛇口や給水管などから水漏れが発生した場合には、まず止水栓や元栓を閉じて水の流れを止めることが大切です。

火災保険を利用して雨漏りを修理するには

火災保険では、火災だけではなく、落雷や風災、雪災などによる被害も補償されます。