プログラミングスクールを選ぶ際に重要なこと

2020年から小学校で必修化されることが決まり話題となったプログラミングですが、IT技術の急激な進歩とともに、その重要性はますます高まっています。
今後数十年間、日本ではプログラミングを扱える人材が著しく不足することが予測されており、転職を検討されている方などには最も注目の業界と言えます。

ただ、独学でプログラミングを習得するのはハードルが高く、まずはプログラミングスクールで学ぶのがよいでしょう。

プログラミングスクール 就職支援

プログラミングスクールで学習を開始する際、自分がどの分野のプログラマーになりたいのかを決める必要があります。
プログラマーはその分野に応じて、フェブ系プログラマー、オープン系プログラマー、インフラ系プログラマー等に分類されます。


ウェブサイトを制作してみたい方はフェブ系プログラマー、アプリケーション開発に興味のある方はオープン系プログラマー、企業の生命線ともなるデーターベースやサーバーの管理・運用に携わりたい方はシステム系プログラマーがお勧めです。

また、ウェブサイト制作にはPHPやJavaScriptなどのプログラミング言語が重宝されるように、使用されるプログラミング言語はそれぞれの分野ごとにに異なるので注意しましょう。



現在、プログラミングスクールには、従来の専門学校からオンラインの物まで様々なスクールがあります。



それぞれの学校に得意分野があり、自分のやりたいこととマッチしているスクールを見つけてください。


また、修了後の就職や転職支援を売りにしているスクールもあり、確実に就職を目指している方にはお勧めです。