• カンボジアの技能実習生に接する時の3つのポイント

    技能実習生の性格は、国ごとに異なっています。

    カンボジアの場合はおとなしい人が多いです。

    注目のカンボジアの人材派遣の特徴をご紹介するサイトです。

    仕事をする上でおとなしいことはメリットになり、こちらの命じることに素直に従ってくれます。

    しかし、おとなしいことは自分の意思を表に出さないことでもあります。


    カンボジアの技能実習生に接する時は、自分の意思をしっかり伝えるように教育しましょう。日本語ではそれが難しい場合があります。そんな時は英語でコミュニケーションするのが良い方法です。
    カンボジアの人達も日本と同じように、英語を学校で勉強しています。

    日本語よりは英語の方が得意な人もいるので、彼らと接す時に使いやすい言葉です。
    イエスとノーを主に使って話すようにすれば、意思の伝達がスムーズになります。


    技能実習生は日本に来る前に、日本語を勉強しています。それでも、日本語を使って流暢にコミュニケーションできる人は少ないです。


    彼らと接する時は、日本語だけに頼り過ぎないように気を付けましょう。


    上記に書いたように英語を使ったり、身振り手振りを交えて話すようにします。
    日本語をうまく話せなくても、責めてはいけません。
    片言の日本語を使おうとしたら、急かないでゆっくり話すように言いましょう。自分の国を離れて異国に聞いているので、カンボジアの技能実習生は孤独や不安を感じています。



    彼らに温かく接することが必要です。



    教育することは大切ですが、彼らの尊厳を守りながら接しなければなりません。