人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

住宅トラブル 水道修理 生活/暮らし

火災保険を利用して雨漏りを修理するには

投稿日:2021年1月18日 更新日:

火災保険では、火災だけではなく、落雷や風災、雪災などによる被害も補償されます。ただ、ゲリラ豪雨などの雨が原因で起こった雨漏りなどは、火災保険の対象外となってしまうため、補償されません。特に、雨漏りは、経年劣化によって、建物が老朽化した時に起こることが多く、自然に傷んでしまった屋根や外壁のヒビや隙間から雨水が浸入してしまい、雨漏りを引き起こすことがほとんどです。火災保険は、突発的な事故や災害による損害を補償する保険ですから、経年劣化は補償の対象外となってしまいます。

また、飛来物や風災の被害によって起こった雨漏りであっても、災害の発生から長い時間が経ってしまうと、原因の特定が難しくなってしまうため、補償されなくなるケースもありますから、被害が出た場合にはできるだけ速く申請を行うことが大切です。雨漏りの原因が、自身によって屋根や瓦がずれたり、外壁にヒビが入ったことで起こった場合も、火災保険の対象外となってしまいますから、注意が必要です。火災保険では、地震や津波、噴火による被害は補償の対象外となってしまいますから、地震による被害の補償をうけるためには、地震保険の加入が必要となります。判断が難しい場合には、修繕業者に判断してもらった方がよいでしょう。

屋根の修理や外壁の修理費用は、高額になるケースも少なくありませんから、業者を選ぶ際には、複数の業者に見積もりの依頼をし、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

-住宅トラブル, 水道修理, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨漏りは保険の補償対象になるのか

雨漏りは火事や水害に比べると被害は小さいと言えますが、その影響で家電製品などが故障してしまうことも考えられますし、修理するとなればそれなりの出費になります。

簡単にいつもの蛇口に取り付けできる浄水器が人気

浄水器で人気になっているのは蛇口に直結して使用することが可能なタイプで、蛇口はメーカーの種類を問わずほとんどのものに取り付けることができるようになっていることも魅力であり、初めての人でも説明書を見なが …

人気の売れ筋ランキングを参考に浄水器を選ぶ

年齢問わず、健康や美容に関する情報に関心のある人は少なくないと言えるでしょう。

雨漏りは家にどんなダメージを与え得るのか

屋根材の劣化や屋根塗装の劣化、また外壁の劣化やその塗装の剥がれなどを原因として引き起こされるのが雨漏りです。

雨漏り調査の方法とは

一般的な業者での雨漏り調査方法には、目視調査、散水調査、発光液調査、赤外線サーモグラフィー調査などがあります。