人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

つまり トイレ 生活/暮らし

雨漏りの修理費用どれくらい

投稿日:2021年3月6日 更新日:

雨漏りと一言で言っても、さまざまな原因があり、その原因によって修理費用も大きく変わってきます。まず簡単なものでは、コーキング剤を流し込んで、ひび割れや穴を補修する工事です。この場合には穴の大きさやひび割れの程度にもよりますが、2、3万円から20万円ほどかかります。これは、瓦の下に敷いている防水シートなどに小さな穴が開いている場合で、簡単に修理できることもあります。

その他の原因としては、経年劣化により、防水シートが全体的にダメージを受けている場合は、すべて交換になるので、かなり高額になります。ここまでくると、瓦も交換しなければならない場合が多く、木造2階建ての一戸建て住宅の場合でも、100万円以上の修理費用がかかる場合があります。防水シートの劣化による雨漏りの場合は、全体的に水がしみ込んでいることが多く、雨漏り箇所を特定できないこともあります。屋根裏をみて、木や柱が湿っていたり、全体的に濡れているような場合には注意が必要です。

また、瓦に砂ぼこりがたまっていたり、コケが生えてしまっている場合には、瓦と瓦の隙間から水がしみ込んでしまい、毛細管現象のように水を吸い上げて逆流し、家の中に水が漏ってしまう場合があります。この場合は、コケやほこりを掃除すれば、解決することもあります。瓦の種類や、雨漏りの程度にもよりますが、きちんと業者で雨漏りの修理費用の見積もりをとって、工事をするのが大切です。

-つまり, トイレ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨漏りを保険で治すことが出来る?

雨漏りは放っておくと家の重要な木材や鉄筋を腐らせてしまうため、早期に対処が必要になります。

火災保険で屋根の雨漏り修理

屋根の雨漏り修理を、火災保険の保険金を利用して行うケースが増えています。

雨漏りにかかる修理費用

戸建とマンションでかかる修理費用は変わってきます。

雨漏りを防ぐために点検やリフォーム

雨漏りが発生してしまった場合には、早期対応が非常に重要となります。

雨漏りは火災保険で修理できます

突然のゲリラ豪雨に遭遇した場合や台風に巻き込まれた場合、雨漏りの被害を受ける可能性があります。