人気を集めている水漏れの修理屋さん

ポタポタ垂れる蛇口で困っていませんか?

つまり トイレ 生活/暮らし

雨漏りを保険で治すことが出来る?

投稿日:2021年3月21日 更新日:

雨漏りは放っておくと家の重要な木材や鉄筋を腐らせてしまうため、早期に対処が必要になります。しかし雨漏りはどこで起こっているのかは素人ではよくわかりませんし、逆に家の寿命を縮めてしまうことにもなりかねませんので専門家に修理の依頼を行うことになりますが、費用が高額になってしまうことを心配する人も多いでしょう。そんな時に利用できるものがあります。ほとんどの家庭では、火災保険に加入しています。

その名前の通り、火災の時に自宅や家財の焼失の補償を行ってくれるものです。「雨漏りは火災と関係がないから、使えないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実際には火災保険の補償範囲は火災だけにとどまらないのです。火災の他に、落雷、水災、雹や雪による被害、建物外部からの物体の飛来や落下、衝突による被害まで補償を行ってくれるのです。そのため、強風や積雪、雹、豪雨などが原因で屋根や家屋が被害を受け、それが原因となって雨漏りが起こっているという場合には、火災保険を適用させることで修理にかかる費用を0円にすることも可能となっています。

しかし、自分で「これは風のせいだ」「雪が凄かったから」と決めつけて新生すれば、誰も0円で雨漏りの修理を行えるわけではありません。保険会社や屋根を修理する代理店などではなく、第三者機関が家屋の状態を見て、このような状態になった原因は何なのか、どれだけの費用を保険から給付出来るのかを調べることとなります。

-つまり, トイレ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風災が原因の雨漏りは火災保険が適用

火災保険では、火災だけではなく落雷や風災、水災などの自然災害などが原因の被害も、保険の対象となっています。

雨漏りの修理業者の保証とは

住んでいる住宅で雨漏りが発生してしまうことがあります。

雨漏りは火災保険で修理できます

突然のゲリラ豪雨に遭遇した場合や台風に巻き込まれた場合、雨漏りの被害を受ける可能性があります。

雨漏り調査の方法とは

一般的な業者での雨漏り調査方法には、目視調査、散水調査、発光液調査、赤外線サーモグラフィー調査などがあります。

火災保険を利用して雨漏りを修理するには

火災保険では、火災だけではなく、落雷や風災、雪災などによる被害も補償されます。